• その他

24/06/12

JAL、6月18日から貨物専用機用空路で成田-大連路線を新設

 日本航空(=JAL、本社・東京、赤坂祐二社長)は6月18日、成田-中国・大連間で毎週火曜日に1日1往復、貨物専用機の運行を行う。このほど、新空路新設を含む夏期運行スケジュールを公表した。


 往路は、午前9時20分成田発、午前11時40分大連着。復路は、午後1時50分大連発、午後5時55分成田着。貨物専用機ボーイング767型で運航する。
 JALは夏期運航計画で、新空路を含む週18便を計画。ECや航空貨物輸送への需要の高まりや、医薬品・生鮮貨物などの輸送ニーズに応える。
 JALは、今後も貨物専用機の運行によって、安定的で柔軟な航空輸送力を強化し、物流インフラとして持続的な成長を目指す。