• 物流企業

22/11/02

三菱倉庫、茨木市に医薬品対応倉庫「茨木5号配送センター」をしゅん工

 

西日本向け医薬品配送センターとして最適な立地にしゅん工した「茨木5号配送センター」

 

 三菱倉庫(本社・東京、藤倉正夫社長)は10月31日、医薬品対応倉庫「茨木5号配送センター」をしゅん工した。医薬品の保管・配送機能を強化し、高品質なサービス展開を目指す。
 所在地は大阪府茨木市下井町1ノ23。既存の茨木4号配送センターと同敷地内に建設。名神高速道路茨木インターチェンジに至近。一部鉄骨造の鉄筋コンクリート造4階建てで、延べ床面積は2万6500平方メートル。全室空調、全床防塵仕様。1階には、ドックシェルター直結の保冷荷さばき場を設け、医薬品のGDP(適正流通基準)ガイドラインに準拠した高品質な医薬品物流サービスを提供する。
 また、免震構造や非常用発電機により、地震などの自然災害への対応力を高め、災害時のBCP(事業継続計画)にも対応。太陽光発電設備、全館LED照明、高効率空調機器を採用し、環境負荷の低減を図った。