• 物流企業

22/07/01

日本ロジステック、厚木市に特定顧客向け冷蔵冷凍倉庫を建設

 

 

 日本ロジステック(本社・東京、黒川尚悟社長)は6月30日、神奈川県厚木市に冷凍冷蔵対応の「厚木低温物流センター」を建設した。特定企業向けの施設で、冷凍冷蔵倉庫の建設は同社初。
 所在地は神奈川県厚木市下依知中河原701ノ1。施設は鉄骨造2階建てで、延べ床面積は8684平方メートル。
 オンラインを通じた食料品販売の増加や、医薬品やワクチン、化学品の保存などで、定温倉庫への需要は拡大傾向。日本ロジステックは、中規模施設を中心に、今後全国で専用施設の建設を進める方針だ。