• 物流施設

22/05/13

大和ハウス、24年1月に愛知県で免震物流施設を稼働

 大和ハウス工業(本社・大阪市、芳井敬一社長)は2024年1月、愛知県小牧市で「DLP小牧(仮称)」をしゅん工する。増加するEC(電子商取引)需要によって高まる顧客ニーズに応える。
 所在地は愛知県小牧市下小針中島2ノ144。名古屋高速11号小牧線堀の内出口から約2・2キロメートルに立地。敷地面積は約8万5717平方メートル、延べ床面積は約19万2368平方メートルで5階建て。1階~4階の柱は鉄筋コンクリート造、はりは鉄骨造。5階は鉄骨造。
 近隣の工業団地の製造業者や小売業者などの入居を想定。事務所を含めた1区画当たりの最小賃貸倉庫面積は約5170平方メートル。また、BCP(事業継続計画)対策で免震システムを導入。上層階の荷崩れを防ぎ短時間で事業の再開が可能だ。

免振機能を備えたDLP小牧