• 物流企業

22/03/03

西濃運輸、EVトラックを初導入

市川支店に導入されたEVトラック

 西濃運輸(本社・岐阜県大垣市、小寺康久社長)は4月、千葉県市川市の市川支店でEV(電気自働車)トラックの運行を開始する。二酸化炭素(CO2)や汚染物質を排出しないEVトラックで、「グリーン物流」を推進する。
 導入したのは、三菱ふそうトラック・バス製の3トントラック「eCanter」2台。今後、走行テストを行い、コンシューマーエレクトロニクス系の顧客の製品配送で運用する。
 同社は脱酸素社会の実現に向け、これまでも専用列車(ブロックトレイン)やダブル連結トラックの運用などを推進してきた。今回のEVトラック導入は、グループ会社の西濃シェンカーとの共同プロジェクトで実現した。