• 物流企業

22/02/10

NTTロジ、発注補充のDXで新ソリューションを提供

NTTロジスコ(本社・東京、中江康二社長)はこのほど、荷主企業の発注補充を運用代行する新ソリューションを提供開始した。DX(デジタルトランスフォーメーション)で、発注補充業務のプロセスの見直しから継続的な改善までサポートする。
データに基づく意思決定の仕組みを構築し、発注補充業務の運用を代行する。AI(人工知能)による需要予測で、BCP(事業継続計画)対応など顧客の方針を踏まえた在庫配置計画を立案。効率的なサプライチェーンの運用に向けた発注補充計画を提案する。
システム導入から在庫方針・発注補充方針の策定、日常的な発注補充量の提案まで、ノウハウの属人化を解消。計画策定時間の短縮・計画サイクルの見直しを後押しする。また、サプライヤーや物流拠点との発注補充計画の共有で、納期・分納調整などの円滑な物流オペレーションを支える。
同社は2012年から在庫管理ソリューションを提供し、顧客の発注補充業務のノウハウを蓄積してきた。発注補充業務は近年、商品の多品種化やライフサイクルの短命化などを背景に複雑化。発注補充のミスは無駄な輸送・保管コストに直結し、発注補充業務の改善が多くの荷主企業の経営課題となっている。

発注補充ソリューションの概要